2018年03月25日

短答直前対策「著作権法A」

前回「著作権法の難解条文」を3つ紹介しましたが、今回は最初の「公衆」について解説します。

(定義)
5 この法律にいう「公衆」には、特定かつ多数の者を含むものとする。

原則が規定されていないため「公衆」の対象範囲が明確ではありませが、
 @特定かつ少数
 A特定かつ多数
 B不特定かつ少数
 C不特定かつ多数
のどこまでが、「公衆」なのでしょうか?

答えは「@以外」です。

公衆の理解は著作権法を理解する上で極めて重要です。

例えば、著作財産権(21条〜26条の3)の中で「公衆」要件が無いのは複製権(21条)のみで、他の支分権には「公衆」要件が入っています。

従って、殆どの著作財産権で、この要件を訊く問題が出たら解答を導くことが出来ません。

頒布権を規定する26条には「公衆」要件がないように思われるかも知れませんが、頒布の定義(2条19号)を見ると、その前段において「公衆」要件が入っているのが分かります。

(定義)
第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
十九 頒布 有償であるか又は無償であるかを問わず、複製物を公衆に譲渡し、又は貸与することをいい、映画の著作物又は映画の著作物において複製されている著作物にあつては、これらの著作物を公衆に提示することを目的として当該映画の著作物の複製物を譲渡し、又は貸与することを含むものとする。


頒布の原則(2条19号前段)は「公衆」要件を必要とする一方、同条19号の後段は、いわゆる「後段頒布」と言われる規定で、譲渡等の行為自体には公衆要件はありません。

つまり、所定の目的を持って映画の著作物の複製物を「特定かつ少数の者へ」譲渡し又は貸与す行為も頒布に該当することになります。

以上

弁理士 論文ゼミ 目白ゼミナール
「著不」速習勉強会を開催中!
posted by 目白ゼミナール at 19:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

短答直前対策「著作権法」

短答対策として、不競法と著作権法の勉強会が本日「無事に!?」終わりました。

ゼミ生の皆様、1年間、お疲れ様でした。
他の受験生より早めに勉強を始めたので、良い結果が生まれることを期待します。

さて、
1年間ゼミ生との勉強会で、改めて、
著作権法は、ある意味、不親切な。。。「分かり難い」条文があるなぁという印象を持ちました。

以下、「よくわからない条文」のトップ3の紹介です!

(定義)
5 この法律にいう「公衆」には、特定かつ多数の者を含むものとする。

原則が規定されていないので、結局「公衆」の対象範囲が明確ではありませんよね。。。


(著作者人格権との関係)
第五十条 この款の規定は、著作者人格権に影響を及ぼすものと解釈してはならない。

当たり前の規定のように感じますが、43条(翻訳、翻案等による利用)との兼ねあいで、注意点が良く分かりませんよね。。。


(公表権)
第十八条 著作者は、その著作物でまだ公表されていないもの(その同意を得ないで公表された著作物を含む。以下この条において同じ。)を公衆に提供し、又は提示する権利を有する。当該著作物を原著作物とする二次的著作物についても、同様とする。


後段の「当該著作物を原著作物とする二次的著作物についても、同様とする。」ですが、結局何を言いたいのか、さっぱりわからない条文ですよね。。。

「著作物のデジタル化」を背景に、分かり難い条文になってしまった「著作権法」ですが、上記3点はそれ以前から規定されている条文です。

従前から理解するには苦労する条文であったこと分かりますが、皆様は十分に理解されていますか?

以上

弁理士 論文ゼミ 目白ゼミナール
「著不」速習勉強会を開催中!
posted by 目白ゼミナール at 13:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

H30年改正情報

ご無沙汰しております。

今年度の弁理士本試の対策は万全でしょうか?

5月20日(日)の短答本試に向けて、ぼちぼち、「暗記モード」に入っている受験生も多いことと思います。

短答本試まで残り2か月。
条文の要件効果の暗記を中心に、過去問からの「変形」問題にも対応できるよう、万全の準備態勢を整えておくことをお勧めします。

さて、本年度はまだ影響を受けませんが、またまた改正がありそうですね。
http://www.meti.go.jp/press/2017/02/20180227001/20180227001.html

営業秘密に続き、昨今のAIブームを背景としたいわゆるBigDataの保護強化を目的とした不競法の改正が主ですが、特許法等も新規性喪失の例外規定の改正が対象となっています。

著作権法も「著作物の電子化」を背景に「綺麗さが失われた法律(条文)」になってしまいましたが、不競法も、益々、「とっつきにくい」法律(条文)になりそうですね。

データ保護の強化が目的なので、営業秘密と同じかと思いきや、微妙に要件等が異なりますので、注意が必要になりそうです。

いずれにしても、今年度、「短答本試の合格!」を獲得すれば、来年度以降の改正を学習する必要はなくなりますので、是非とも「今年度、短答本試突破!」を目指して、最後の追い込みを行ってください!

弁理士ゼミ 目白ゼミナール

PS
不競法・著作権法を対象とした短答直前対策の勉強会を実施していますので、こちらを参照ください。




posted by 目白ゼミナール at 17:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする