2017年05月11日

カラオケ機器メーカーの著作隣接権とは?

カラオケで歌う動画を YouTube にアップロードした者に対し、カラオケ機器メーカーが、著作隣接権を侵害するとして争った事件の判決が出たようです。

記事はこちら、
「カラオケ動画投稿ダメ…メーカーの権利侵害判決」

記事では、「カラオケ機器メーカーの著作隣接権を侵害するとして・・・」とありますが、著作隣接権者に、カラオケ機器メーカーは、文言上は含まれていません。

著作隣接権を有する者は、以下の4者です。
 ・実演家
 ・レコード製作者
 ・放送事業者
 ・有線放送事業者

記事が正しいとすれば、どの「者」の権利侵害となるのでしょうか?

あり得るとすれば、「レコード製作者」でしょう。

レコード、および、レコード製作者は、2条1項5号、6号で以下のように定義されています。

2条1項
五  レコード 蓄音機用音盤、録音テープその他の物に音を固定したもの(音を専ら影像とともに再生することを目的とするものを除く。)をいう。
六  レコード製作者 レコードに固定されている音を最初に固定した者をいう。


カラオケですので映像が含まれることから、5号のかっこ書が気になりますが、
レコード製作者の権利には、以下があります。

(複製権)
第九十六条  レコード製作者は、そのレコードを複製する権利を専有する。

(送信可能化権)
第九十六条の二  レコード製作者は、そのレコードを送信可能化する権利を専有する。


どちらの権利を根拠に、権利侵害を主張しているのか分かりませんが、カラオケ好きの方は、安易にカラオケ撮影動画をSNSにアップロードしないよう、注意しましょう。

弁理士 論文ゼミ
http://mesemi.com
posted by 目白ゼミナール at 21:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

意3条の2ただし書の時期的要件

 意匠法3条の2の「ただし書」の規定を、類似する特許法29条の2と比べると、時期的要件の相違が見られます。

特許法
第二十九条の二
(本文省略)
ただし、当該特許出願の時にその出願人と当該他の特許出願又は実用新案登録出願の出願人とが同一の者であるときは、この限りでない。

意匠法
第三条の二
(本文省略)
ただし、当該意匠登録出願の出願人と先の意匠登録出願の出願人とが同一の者であつて、第二十条第三項の規定により先の意匠登録出願が掲載された意匠公報(同条第四項の規定により同条第三項第四号に掲げる事項が掲載されたものを除く。)の発行の日前に当該意匠登録出願があつたときは、この限りでない。



 意匠法3条の2、ただし書の追加改正(平成18年)について、青本の解説を読むと、「後日の出願を認めることが先願の意匠権の実質的な権利期間の延長につながらないように一定程度の出願の期限を設けるべきことを考慮して」とあります。

青本19版(3条の2)
「平成一八年の一部改正において、同一出願人の場合は権利の錯綜の問題が生じないこと、後日の出願を認めることが先願の意匠権の実質的な権利期間の延長につながらないように一定程度の出願の期限を設けるべきことを考慮して、先願の意匠公報の発行の日前までに同一人が出願した後願の部品の意匠又は部分意匠について、本条の規定により拒絶されないこととしたものである。」


 疑問に感じるのが、意匠法3条1項(新規性)との関係です。

 少なくとも先願の意匠公報が発行された後は、3条1項で拒絶されるため、あえて、3条の2で時期的要件を規定する意味は無いように感じます。

 ポイントは、特許法には無い「秘密意匠(特許)」の存在です。

 先願が秘密意匠の場合、公報が発行されたとしても3条1項の引例にならず、後願が拒絶されなくなり問題が生じます。

 この点を担保するために、意匠法では、ただし書で時期的要件を規定しつつ、更に、かっこ書で秘密意匠の最初の公報発行を除く規定を設けている。

 このように捉えると、意3条の2の条文理解が進むと思います。

弁理士 論文ゼミ
http://mesemi.com
posted by 目白ゼミナール at 09:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

意3条の2と国際公表

 まず、意匠法3条の2と趣旨(の一部)を共通にする特許法29条の2と国際公開との関係を確認しましょう。

第百八十四条の十三  第二十九条の二に規定する他の特許出願又は実用新案登録出願が国際特許出願又は実用新案法第四十八条の三第二項 の国際実用新案登録出願である場合における第二十九条の二の規定の適用については、同条中「他の特許出願又は実用新案登録出願であつて」とあるのは「他の特許出願又は実用新案登録出願(第百八十四条の四第三項又は実用新案法第四十八条の四第三項 の規定により取り下げられたものとみなされた第百八十四条の四第一項 の外国語特許出願又は同法第四十八条の四第一項 の外国語実用新案登録出願を除く。)であつて」と、「出願公開又は」とあるのは「出願公開、」と、「発行が」とあるのは「発行又は千九百七十年六月十九日にワシントンで作成された特許協力条約第二十一条に規定する国際公開が」と、「願書に最初に添付した明細書、特許請求の範囲若しくは実用新案登録請求の範囲又は図面」とあるのは「第百八十四条の四第一項又は実用新案法第四十八条の四第一項 の国際出願日における国際出願の明細書、請求の範囲又は図面」とする。

 先願が国際公開された場合、取り下げ擬制とならない限り、その後に拒絶査定が確定したとしても、特29条の2の要件に該当することになります。

 それでは、意匠法ではどのようになるのでしょうか?

第六十条の六  日本国をジュネーブ改正協定第一条(xix)に規定する指定締約国とする国際出願であつて、その国際出願に係るジュネーブ改正協定第一条(vi)に規定する国際登録(以下「国際登録」という。)についてジュネーブ改正協定第十条(3)(a)の規定による公表(以下「国際公表」という。)がされたものは、経済産業省令で定めるところにより、ジュネーブ改正協定第十条(2)に規定する国際登録の日(以下「国際登録の日」という。)にされた意匠登録出願とみなす。

 国際公表されたものは、国際登録の日にされた意匠登録出願とみなされます(意60条の6)。

 ところが、特許法184条の13のような規定は意匠法には存在しません。

 したがって、先願が国際意匠登録出願であって、国際公表されたとしても、意3条の2がそのまま適用されることになります。


第三条の二  意匠登録出願に係る意匠が、当該意匠登録出願の日前の他の意匠登録出願であつて当該意匠登録出願後に第二十条第三項又は第六十六条第三項の規定により意匠公報に掲載されたもの(以下この条において「先の意匠登録出願」という。)の願書の記載及び願書に添付した図面、写真、ひな形又は見本に現された意匠の一部と同一又は類似であるときは、その意匠については、前条第一項の規定にかかわらず、意匠登録を受けることができない。ただし、当該意匠登録出願の出願人と先の意匠登録出願の出願人とが同一の者であつて、第二十条第三項の規定により先の意匠登録出願が掲載された意匠公報(同条第四項の規定により同条第三項第四号に掲げる事項が掲載されたものを除く。)の発行の日前に当該意匠登録出願があつたときは、この限りでない。

 つまり、先願に係る国際意匠登録出願であって、国際公表されたとしても、その後に拒絶が確定すれば、意3条の2の適用において後願を排除する引例にはなりません。

 特許法29条の2との違いは、どこから来るのでしょうか?

 それは趣旨(の一部)の相違です。

 意匠法3条の2には、特許法29条の2には無い「権利の錯綜防止」といった重要な趣旨があります。

 国際公表されたとしても、その後に拒絶が確定すれば「権利の錯綜」が生じることはなく、したがって、意3条の2の読み替え規定を設けるまでも無いとされたものと考えられます。 


 意匠法3条の2は、特許法29条の2と類似する規定ですが、両者は似て非なる条文です。

 今回の他の出願が国際公開(公表)された場合の相違や、創作者の要件の相違等、両条文の相違点についての理解を深めておくことをお勧めします。 

弁理士 論文ゼミ
http://mesemi.com
posted by 目白ゼミナール at 18:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。